FC2ブログ

2021-04

店と僕と有名人2 (激長文注意)

更新遅れてすみません!!
新店の準備でフラフラになってた店員改め店長アラカワです。
皆さんいかがお過ごしで?
僕は新店の準備で嵐の様な忙しさの中引越ししまして
夜中まで仕事、仕事終わってから一人で
小分けして引越し作業....んで殆ど寝ずに朝....。
エレベーター無しで最上階なんで
虚弱が売りの僕はマジで死にかけました。
マジで一瞬だけ地球反対向け!!
て思いました...。
ちなみに大家さんが可愛い女の子しか
部屋には上げないで下さいね。って言ってました
嘘ですけど...(笑)

さて店と僕と有名人1は相当数の方に楽しんで
頂いたみたいで僕の「拍手の数次第では...」的な煽りに
釣られてこのブログ最高数の拍手を頂き
誠に感謝致します。
ボスが勇んで先に書いてしまいましたが
僕が補足のストーリーでも書きましょうか.....。
前回は日本の有名人とお店について書きましたが
ではグローバルに【世界】の有名人に話を向けましょうか....。
ユーロのアーティスト。
彼らは一度ヨーロッパ諸国で認められてからアメリカのシーンでも
認められないと世界的なアーティストとしては認められない
と言う関西芸人が関西で人気が出ても
関東では1からやり直し的な苦労があります。

ただ、それは揺ぎ無い実力と人気を得られるって
事であって、ケンコバと陣内の安定感ににた物に通ずるとも
言えます。
よってアッチのアーティストは苦労もあってか
カリスマ性や人気、
そして音楽性の高さはズバ抜けてる気
がします。
イギリス英語は"R"と"L"の発音が凄い綺麗で
ロックでも明瞭で美しく聞こえるからよけと聴きやすくて
日本人には受けが良いと聞いたことがありますが

とにかく
彼らトップアーティストの豪快さも放つオーラも桁違いの
人が多いと思います。
最近のビルボードのネットアンケートで【21世紀を代表するバンド】と
して選ばれたオ●シス。
コッチ日本でも大企業のCMソングに抜擢されているので
ご存知の方も多いでしょう...。
このバンドオア●スの主要メンバーの2人は兄弟で、仲の悪さは時折
"世界一"とまで称されます。

ツアー移動中の飛行機の中で超壮絶な兄弟喧嘩をして
永年搭乗拒否されている航空会社が数社もあると聞いた事があります
どこまで本当でどこまでがゴシップか知りませんが
超ロックなんで僕は大好きなバンドです。
"What ever"は僕は永年ヘビロです。

さて彼らの先輩にはもっとビックなバンドがありますね。
転がる石にはコケはつかない(いつも輝いているって事)
って意味のローリング●トーンズ
そのストー●ズのボーカル、肉じゃが。いや、ミック●ャガー。
彼がツアー先の超高級ホテルで宿泊中だった時の
お話...。
もちスイートルームでラジオ出演前にハングしてたミック。
ソコへ黒ずくめのスーツを着た男が2人。
1人の男がこう言う
「アメ●カ大統領がこの部屋に宿泊を望んでおられるので
倍額をあなた(ミック)に払うから部屋から出てくれないか?」と....。

「この後に控えてるラジオ出演が終わってから考える」

そう答えるミック。ア●リカ軍のイラク出兵に反対してたミックさんは
もち大統領なんて大嫌い。
もう"おじいさん"の域に達してるミックさんのロック魂に火が付いた。

ミックさんはその夜のラジオ出演時にこう言ったらしい
「クソ野郎が俺を部屋から出そうとしてる...」
そして
「俺が宿泊してるホテルの宿泊客全員の宿泊代金は俺が払う」
そして
「後は宿泊してるお客さんにドッチが出てくか聞こうさ
クソ大統領さんよ」
て、言ったらしい....メチャメチャ ロック....。

かっこ良過ぎる。ケタ違いの有名人のやる事ってエグイ...。
これもどこまでがゴシップか知らないけども
本当にあっても何らおかしくないお話。


最近でも世界の歌姫が曲の最中で「チベット解放」と
叫んで世界的問題になった。彼女は確信犯だろし
彼女はそう思ってるだけ。
世界を動かす位の影響力とオーラがあったから成し得た
事であって、僕がここで叫んでも隣のおばちゃんにウルサイ
って言われるだけ...。

今3つのお話を書いてみたけども
この3つが1つになってもたぶん互角いや勝ってしまうだろう
バンドがある。


それぞれ音楽的思考はあるだろうけども、やっぱりそれは
笑点で座布団を運ぶ山田君が結成してたバンド【ぶうとるび】。
いや...。
間違った。
【ビート●ズ】に勝てるバンドはいないと思う。
リバプールのバー"キャラバーン"で結成されたバンドで
覚せい剤をキメて狂った様に歌う街一番のワル
のジョンに惚れ込んだ
敏腕プロデューサーが彼をピック。
その時点ではこのバンドには"もう一人"メンバーが
いたんだけど、ソレは今回は省略。

で、まったく逆の"可愛い"系で売り込んだのが大ヒット。

売れに売れて彼らが始めてアメリカに来てエドサリバンショーに
出演した時、彼らが出演してる
時間だけアメリカの犯罪発生率が【0%】になったのは有名な話。

その後、彼らの人気は女王陛下にも認められ
宮殿にも呼ばれ、その国の最高位にあたる【サー】の称号を
まで貰う。
なのに、彼らは宮殿の便所で【一服】キメて後々には
その称号も叩き返すっちゅ~恐ろしくエグい反抗期ぷりを発揮。
バンドの主要メンバーのジョンが凶弾に倒れ
世界が悲しみにくれた後も残りのメンバーは個々の活動を継続。

特にポールさんは
ジョンに負けない歌唱力と作詞センスで活動を活発化。

チョット日焼けしたほうが良いマイケルさんと組んで
【音楽の権利化】にもおもっくそ力を入れて
(結局マイケルさんがノウハウだけパクってバックレた
って噂だけど...)
とにかく音楽シーンのドンとして君臨。



そんなポールさん、若い時に来日したんだけど
税関で吸っちゃいけない高いタバコ所持で入国拒否される羽目に。
騒ぎまくる報道陣に「本当に来日して欲しいなら報道しなけりゃ良い」
て言うロック名言を残して
当分の間日本に来る事はなかった。
(物理的に来れなかった)

そんなポールさんが数十年ぶりにコンサートツアーで日本に来る。
と言うニュースが数年前に日本中を駆け巡った。
40代以上のオジサン、オバサンはビビった。で萌えた。
コンサートのプレミアチケットを取れなかった日本中のオジサン、オバサンは
ポールに1日オフがあるとの情報をゲット。

ファン達は様々なフェイク情報をふるいにかけ、
「大阪城観光が濃厚」の情報がファンの間で
結論になった。
が、ポールさんは大阪城にはいなかった...。

じゃぁどこにいた?

うちの店にいたんです。

どうやら、ポールさんは大阪城では無く"御所"を
希望したらしく、今ワイン代1億円とかの慰謝料でモメてる
奥様と京都では超~~~有名な料理旅館に宿泊。
明けて朝から御所を満喫したポールさん...。

が、せっかく楽しみにしていた
京都観光は季節外れの北風がキツくて寒くて仕方ない
ポールさん。
「何や冷えよんなぁ~」
そうポールさんが言ったかどうかは知らないのですが
寒さに耐えかねたポールさんの目に一軒の
洋服屋らしきお店、ドアを開け一番温かそうな
ジャケットに手をやり購入。

そうボスが公開した写真はそんな【事件】が
あった時のショット。

ポールさんにすれば「ただ寒かった」だけ
だけどもワールドクラスの来店に
マジでビビった。
彼は歌唱権や作詞権、肖像権などのコピーライズに
世界トップクラスに厳しい男。
簡単に言えば商売上手..。

なので全て伏字に一応してるんです..。
ボスの説明では分かりにくかったろうけども
あの写真にはそんな事があった訳..。

で、この【事件】には後日談があって
一体どこでそんな情報が漏れたのか本当に
分からないのだけど、ポールさんが買ったジャケットは
たまたまうちの店が企画して製造したオリジナル
のジャケット。
リバーシブルタイプで値段を下げるのが目的だったので
もちろんタグもプリントもナシ。
で、ポールさんが1着買ったので残りの在庫は1着。

その1着をめぐってコアなファン達から
問い合わせ殺到。
声からして相当年配の男性が
「ポールが着てるジャケットがそちらにあるのですか?」
の電話がジャンジャン鳴る。

元々オリジナルなんで定価の無いジャケット。
僕とボスは満場一致で「値段プレミア価格にしよか.....イヒヒ」
となった矢先、一人の初老の男性が凄い息使いで
来店し鼻でピィーピィー息をしながらこう言う。
「ポールはどこを歩いてたんですか?」

あまりに血走った目に僕もボスもキョトンとなる。

「あ、入り口からこの(サーフボードラックの前)辺りを...」

そう言うボスの言葉を聞くか聞かないかで
初老の男性はひざまずいて店の床をなでている。

あまりに異様な光景と歳を重ねた男性とは思えない
光り輝いている目に一体どう接客すれば良いのか分からない
僕とボス。

ひざまずいたまま、クラウチングスタート体勢の男性は
ゴクっとツバを飲んで
「ポールのジャケット分けて貰えないですか...?」そう言う。
「いや...そこに...」そう言う僕の言葉をかき消す様に
「高くなってても良いんです!! ポールと一緒の服を!!」と男性。
僕らのプレミア価格大作戦を見透かされていた...(汗)

「ポールは僕の青春、ポールがいたから今の僕がいる..」
マシンガントークの止まらない男性。
歳の頃にして50代後半おぼしき男性だけども
その若々しさ、ピュアさと言ったら表現しがたいものだった。

あまりのマジさに
思わずボスは「いや…値札のままの値段で良いですよ」
そう言わざる得なかった。

まるで神か仏かを拝む様な勢いでボスに
所定の金額を払い、抱きしめる様にジャケットの包みを抱えて
お店を出て行く男性。

僕とボスが話し合って配色を決めて、チョット無理して沢山作って
僕とボスがその冬ずっと頑張って売ったジャケットの
最後の1枚がそこで旅立った...。


ポールの在籍しているバンド
【ビート●ズ】
ジョン、ジョージはお星様になってしまったけども
リンゴとポールはまだ頑張ってる。

時にサブリミナルだの洗脳と言われたり
Lucy in the Sky with Diamondは
ある薬物の歌なんて言われたりするけども
彼らの歌は全て1つの単語へ3つの
言葉で導かれる様に作詞されているらしい。

I LOVE YOU
I NEED YOU
I WANT YOU

この3つの言葉を使って彼らは

"PEACE"へと聴く人を導いているらしい。

ラスト1着のジャケットが旅立った後
あっけにとられて

僕はボスにこう言った。

「なんかラスト、あの人に買ってもらって良かったッスね」


ボスはこう言った。

「まぁ~悪い気はせんな...」


ポールはちゃんと僕らのあざとい考えをも払拭する

【PEACE】

を置き土産に置いて行ってた...。


CD屋さんより店数多いって理由で
スタ●バックスから今でも精力的にCDを
出しているポールさん。
あの時買ったジャケットはきっとどっかに行ってる
だろうけども
僕の部屋のクローゼットには同様のモデルのジャケットが
勝手に【ポールモデル】となずけられて今もある。

po_convert_20080316195616.jpg


ここまで読んだあなたの暇さに
自分への拍手もこめてまた沢山の拍手待ってます(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

京都 スケートボード(スケボー)/サーフィンショップ

BOARD WALK SPORTS
KYOTO店

〒602-0845
京都市上京区河原町今出川下ル西入ル大宮町339-1
Tel: 075-256-7300
Fax: 075-256-7301
Mail: bws@e-mail.jp (コピペして@を半角にして下さい)
店長 荒川HOMORO雄介(アラカワ ユウスケ)
BLOGブックマーク&リンク【コチラ】でどうぞ。

地図

※無料サーフィンスクール スケボースクール
 どうぞお気軽にお問合せ下さいませ!!

※スケボースクールは京都市内なら
 貴方のスポットに僕本人がすぐに行きます(笑)









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boardwalks.blog46.fc2.com/tb.php/15-8db4cbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

boardwalks

Author:boardwalks
BoardWalkSports BLOGへようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

KYOTO店 (321)

PLUS店 (315)

SURFING (128)

BWS-History (19)

OFF TIME (19)

etc (95)

お知らせ (237)

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる