2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屏風と商売


どうも。
最近赤提灯の向こう側の
おでんににめっぽー弱い店長アラカワです。



屏風と商売はまっすぐでは立たん。

実家、親戚一同全てが京都で商売してる家庭で産まれ
僕はそう言われて育った。

僕はこの件に関しては大に意見出来る様な立場でもないし
大それた事は言わない。

ただ、WEBでデッキを買うなら買えば良いと思う。
無地のデッキに乗るのも大いに良いと思う。

僕が乗るな!買うな!いえる立場ではない。
WEB上だろうが店頭であろうが
過剰に加熱した激安合戦で僕の店が
寂しいかな負けただけ。

僕はスケートボードが好きなだけで18年間
お店の店員としてお店に立って
3年前に店長として一軒の店を任され
現在は独立さして貰ってお店にいる。

店長になってからはバイトさんを雇う余裕も
なく、毎日10時間店にいて、休みは月に3回
あれば良かった方で3年経った。
肉体労働ではないのもあるけど、しんどい
と思った事はない。

それ位スケートボードが好きだし
もちろん生きる糧(かて)としてのお金も欲しい。

キッズ達が携帯のオンラインショップの画面を僕に見せて
「これ買おと思うんですがいいですか?(ホンモノですか)」
なんて今まで100回以上あった。

ネットで買ったデッキの
デッキテープだけ貼って下さい。無料ですよね?
も腐る程あった。

商売してるこっちからしたら
このガキしばいたろか!!と何回も思ったけども。

専門的な知識や技術は専門店でないと
分からない、やってもらえないと
子供は残酷なまでに現実を僕に見せてるのだと
思って勉強させて貰ってる。

汚い言い方をすれば商売敵を例に出したりするのは
あまり好きでないけども、皆さんの地域にも
ちょっと遠くてもスケート、サーフショップは
あると思う。

それらを生業にしてる人は店を出すまで
腹をくくった人だと思うし、僕自身もそう。

モニターに向かって【これを注文】をクリック。
そんな無機質なのがいいならそれでいい。

でも僕らは邪魔臭くても、店先で一人ひとりの
スケーターの顔を見て、馬鹿な話をしながら、
デッキの磨耗やシューズの減り、トラックの削れ方で
どんな路面、どんなカーブ、どんなトリックを
しているかを見てる。
そして一緒にデッキ選びを悩んであげて
一緒にデッキテープを切って、次は自分で
デッキテープ貼れる様に教えてあげて...

そして店の前で1プッシュ試し乗りした時の
にやけ顔で明日も遅刻せんと店開けよぅ。
そう思ってると思う。

最近はご立派なパソコンが沢山あるから
チ○コの面倒からデッキの注文まで出来るだろうけど
モニターはデッキの減りやシューズのソールに付いた
"汚れ"の色で

「この子はあそこのスポットであのトリック練習してるんやな?」

まで考えてくれるのだろうか...?


「儲かるなら世の中スケートショップだらけじゃ!!
今すぐスケボー辞めろ!!」
実のオヤジにもサーフィン部門にも今まで1億回ぐらい言われた。

でも...僕は地元、京都で22年間ドヘタクソのまま
スケボーして...「あんなヤツ(僕)協会からおろせ!!」と
そこら中から言われたけども
京都スケートボード協会の役員として立派な
スケートパークの建設に関わらせて頂いて

そして何より毎日キッズ達と向かい合ってデッキを
商売としてのモラルを守って提供している。

101007.jpg

正座までして悩むんもどうかと思うけど...
10代のキッズにはそれ位大事なものなんで...。

なんか都市伝説の〆文句みたいで嫌だけど
あとは お店で買うか買わないかは貴方次第です...。

ホンマ偉そうな事書いてすみません。
まぁ、平たく言えば大体二日酔いの赤い目で
ニタ~として、晴れでも雨でも雪でもペンキでも
お店にいますんで、京都の方は気楽に
お店寄って下さいね。

手土産は...
コーヒーはブラックしか飲めないんでお願いします
閉店間際は突然、発泡酒モードに切り替わりますので
その点もあしからず(笑)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

京都 スケートボード(スケボー)/サーフィンショップ

BOARD WALK SPORTS
KYOTO店

〒602-0845
京都市上京区河原町今出川下ル西入ル大宮町339-1
Tel: 075-256-7300
Fax: 075-256-7301
Mail: bws@e-mail.jp (コピペして@を半角にして下さい)
店長 荒川HOMORO雄介(アラカワ ユウスケ)
BLOGブックマーク&リンク【コチラ】でどうぞ。

地図

※無料サーフィンスクール スケボースクール
 どうぞお気軽にお問合せ下さいませ!!

※スケボースクールは京都市内なら
 貴方のスポットに僕本人がすぐに行きます(笑)







みなさんが読んでいる、スケート雑誌がどのように成り立っているか考えたことありますか?
広告を出している代理店や、お店からの広告費で紙が印刷され、みなさんの手元に届けられています。隔月、または年に2回の発行を楽しみにしているスケーターたちに情報を届けたり、興奮、感動を与え続けるために製作者は努力し、その努力を形にするために協力しているのが代理店、または各地域のスケートショップです。

みなさんが日ごろ滑っている個人で運営しているパークや、パブリックのパークが、どのようにして作られたか考えたことがありますか?
個人で運営されているパークは、運営している人がお金と時間と労力をかけて作ったものです。もちろんローカルのスケーターたちのヘルプがある場合も多々ありますがこの場所を確保するためにリスクを背負っているのはスケートショップです。
パブリックのパークはどうでしょう?
各地域に存在する、スケートショップやスケーターが力を合わせ行政を動かし、形にしたものがパブリックパークです。個人経営のパークに比べれば、各人が負担するお金は少ないでしょうが、大変な時間と労力を必要とします。役所の人と話をするのは簡単なことではありません。署名を集めたり、行政と話をつけるために動いてくれているのは誰でしょう。完成したパークが閉鎖されないように秩序を保つために尽力しているのは誰でしょう? 地元のスケートショップです。

ではパークが存在しない、都市部のエリアに存在する100%ストリートではどうでしょう。長年レッジにワックスを染みこませたローカルスケーターたちがいます。街でのスケートを進化させてきたローカルスケーターたちがいます。
そんなローカルスケーターを支えてきたのは地元のスケートショップです。

ここで述べたスケートショップというのは、商品を輸入している代理店から商品を仕入れ販売している正規販売店のスケートショップです。このスケートショップが代理店から商品を仕入れることによって代理店業務は成立しています。代理店はそのブランドの宣伝をするためや、雑誌が定期的に発行されるのを助けるためにスケート雑誌に広告を出したり、ブランドを宣伝してくれる日本のライダーをサポートしたり、取り扱いブランドの本国ライダーを日本に呼んでツアーやデモをしたりしています。 

現在インターネット上に乱立する安売りショップの数々。この状況がさらに進んでいったら何が起こるでしょうか?今まで国内のスケートボードを支えてきた、代理店、販売店、メディア、スポンサーを受けるスケーター、海外チームのツアーなどが存在していた図式が崩れ始めます。
代理店と正規販売店の間で確立されていた商品の安定供給も難しくなるでしょう。スケーターにとっては消耗品であるデッキやパーツなどが安く買えるのは嬉しい状況かもしれませんが、インターネットの安売り店か ら買わなくても安いデッキは各地の正規販売店でも手に入ります。
代理店にある古い在庫を買えば、お店でも安く販売出来るモデルがあるはずです。
お金がなくて、どうしても安いデッキしか買えない、そんな時はショップに相談すればなんとかなるはずです。お金に余裕があれば、定価のデッキを買ってローカルサポートをしてあげると地元のスケートシーンは活性化していくはずです。

みなさんがスケートをする環境をよりよくするためにも地元のスケートショップをサポートしてあげてください。地元にスケートショップが存在せず、やむ終えず通販で購入している方は是非正規販売店の商品を買ってあげてください。通販を手広くやっているお店は、直接お客さんに会うことが出来ない分を、情報提供などの方法でカバーしているところもあります。よいお店が見つからないという場合には私たちが責任を持って紹介します。

代理店+販売店+消費者+メディア+本国のブランドが手を合わせ、みなさんのよりよいスケート生活をサポートしていくために私達は努力いたします。

ADVANCE, BIG WING , BP TRADING, BOARDKILL, BRIDGE,GOOD DEAL,HASCO, KUKUNOCHI, PIC, SECRET CUT, VISTAS※アルファベット順

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boardwalks.blog46.fc2.com/tb.php/422-60225e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

boardwalks

Author:boardwalks
BoardWalkSports BLOGへようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

KYOTO店 (292)

PLUS店 (315)

SURFING (128)

BWS-History (19)

OFF TIME (19)

etc (95)

お知らせ (237)

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。