2017-06

シューグー


どうも。
アクセス解析したら
"京都 ホモ"と"京都 アナル"がいっつも上位に来る
ブログを書いてる店長アラカワです。

一応、京都のスケボーとサーフィンを専門で
扱うお店であって
ホモやアナルは扱ってませんのであしからず。

さてと、出囃子の下ネタも好調な所でお店には...。

昨日からお店の近所のO高校に入学した高校生スケーターが
ご来店。

110409.jpg

奇しくもいっつもクルーズ用スケートボードでお店の前を通って
通学してた当店スケートライダーの森中一誠(右)もO高校卒。
新しい後輩の前で先輩面するイッセイが妙に写真に撮られ慣れてるのが
ムカつくけども
つい最近まで人の目を見て会話出来ない位シャイで
常に語尾に「フィス」って付けてた様なほぼ宇宙人レベル
だったイッセイが後輩格の子に
「今度、一緒に滑ろうぜ!」なんて言ってる場面を
店の隅っこから見てて、目を細めて
何故かお父さんみたいな気持ちになってしまいました(笑)

ちなみに皆様、イッセイがスケボー上手いから
クールで怖いなぁ...みたいなイメージをお持ちな様ですが
最近、彼と大阪に行った時の車内で
素人モデル(方言美人やったかな?)
のYOUTUBE動画をアイフォンで見て

「ホモロウさん(僕のこと)こいつ可愛い過ぎてムカついて来ました」 

ってリアルに顔をまっかっかにして言ってました。

まとめるとただの馬鹿なんで
ストリートやパークで出会えば気軽に声かけてあげて
下さいね。
ちなみに有名ですがPerfumeのガチのファンです。
イッセイはPerfumeの事を【神】
Perfumeの曲の事を【神曲(かみきょく)】で
コンサートの事を【ミサ】と
マジで言うてますんで あしからず(笑)

補足しますと【デスコ】【マカロニ】【チョコレート】
【ナチュラル】などPerfumeを連想させる英単語のみ
でも笑みをこぼしてエサを貰う前の
子犬の様にテンションを上げます(笑)


長々と書きましたがつまり
森中一誠はムチャクチャスケボー上手い気さくな
ムチャクチャ馬鹿なヤツ
なんで皆さん絡んでやって下さいね。滑りはマジで本物です。
ビビります。

さてと、お次は最近キッズスケーターの急増で加熱中の
シューグーの話題と行きましょうか?

110409_1.jpg


僕がスケートボードを始めた20年以上前は
手でデッキを握って、片足を
下ろしてからジャンプする"ボンレス"と呼ばれるトリックや
デッキも握った状態でジャンプ台に入るトリックが主流でした。
つまり、ジャンプするには手を使ってデッキと
足が離れない様にするのが常識とされていました。

そんな時折、一切手を使わないでジャンプするトリックを
半円形のバーチカルで世界初メイクしたのが
当時パウエルペラルタ所属だったプロライダー
アラン・ゲレファントと僕は記憶してます。
足でデッキをコントロールし、まるでボンドで足とデッキが
くっついてる様に見えるそのトリックは
彼のあだ名がトリック名になったとされています。

そのトリック名が【オーリー】。

このトリックが出て来た事によってスケートボードの
世界は一気に手を使わないでジャンプする時代に入りました。
ただ、あくまでもそのトリックはバーチカルでのトリック
で、半円形の延長線上でのトリックでしたが、遂に
完全なフラットの状態の地面でデッキの弾きと
前足のコントロールのみでジャンプするプロスケーターが
出てきました。

諸説はありますが、フラットで世界初のオーリーを
物にしたのが現在もトッププロで活躍するロドニーミューレン
ではないかと言われています。
彼は現在は姿を消したフリースタイルという競技の選手
だったのですが、そのフラットでのオーリーをいち早く
現在のストリートスタイルに
取り入れたのが、現在はクイックシルバーなどの
デザインなどを手がける元プロのナタスカウパスと
言われています。

ストリートスタイルでのオーリーは
僕の記憶では当時トッププロだった
マークゴンザレス(現KROOKEDオーナー)や
トミーゲレロ(現ミュージシャン兼REALオーナー)
マイクヴァレリー(現パウエル所属)
そしてマットヘンズリー(現パブのオーナーの渋いおっさん)
などのイケイケの若手によってストリートトリックの
定番として定着し、フリップ系のトリックへと
発展して行きました。

もちろん、僕も欧米のプロスケーターに憧れて
このオーリーの猛特訓をしたんですが
紙やすりの様なデッキテープにシューズを擦りつける
ので、小指辺りがボロボロになってしまう....
でもお金ないんで新しいシューズ買えないので
仲間内では磨耗する部分にガムテープを貼るのがトレンド
になりました。
ただ、今度はガムテープが減って"モロモロ"のカスが
デッキに付くのと、今ひとつデッキのグリップも悪い....。

で、スケーター達が次に目を付けたのがボンド。
でもボンドは乾きも悪いし、元々接着を目的と
してるのでシューズに空いてしまった穴まで
覆う程の皮膜力がない。

そこでスケーター達が出会ったのが
元はシューズの減ってしまったソールを修理する為に
発売されていた【ShoeGoo】と言う商品。

硬化すると完全なゴムになるのでガムテープの様に
モロモロにもならないし、ボンドよりも厚みも出せて
皮膜力も格段に上だしグリップ力も維持できる。

元々の使い方ではないものの
あまりの使いやすさにこのShoeGooは瞬く間に
貧乏スケーターの足元には必ずひっつてる
状態になりました(笑)
なんなら、ShoeGooで出来てる靴みたいな
状態の子もたくさんいました(笑)

現在はその成分は抜かれていますが
20年前のShoeGooには業界用語で言うところの
純トロがタップリ含まれていたので素行の悪い
人達にも愛されるというダークサイドな面も
ありましたが、今現在でもスケーターには
愛されてる影の立役者となってます。

使い方のコツとしては
ビギナーさんはシューズを買った瞬間に
どっぷり塗ってしまう子が多いですが
多少、シューズに傷が付いてから滑りに行く日の前の
夜に部屋の片隅でパン1で正座して
薄く、優しく塗ってやる方が見た目もシューズの性能
も継続出来るのではないかと思います。

上手に塗るコツは
患部に適量を乗せて付属のヘラで薄く伸ばして
から、指に"よだれ"をつけて仕上げてやると
驚く程綺麗に仕上がります。

また店長アラカワがウソ言うとるわ!!と思って
らっしゃるかと思いますが
水やその他の液体では何故か綺麗にならず
指につけた"よだれ"だけは半練状のShoeGooが
まるでスライムの様に綺麗にしてくれます。
ただ、必ず一回でこの作業はして下さいね。
もっかい指舐めたらムチャクチャ不味い味するんで。
で、作業が完了したら風通しの良い場所で
乾燥してやって下さい。
朝起きて滑りに行く時にはピカピカで滑りに
行ける事かと思います。

で、パン1で正座の部分だけは当り前にウソです。

スケートボードが上達すると磨耗部分もある程度
決まった場所になるし、徐々にShoeGoo
も"チョイ"と塗れば良くなって来ますし
やはり純正の状態の
シューズの方がグリップは良いのも事実。

プロ選手はShoeGooを塗る程度まで磨耗すれば新しい
シューズに履き替えるのが殆どなんで
僕もちっさい頃、大人になったらShoeGooの塗ってない
綺麗なシューズで毎回滑れる大人になってやる!!
と思って頑張ってました(笑)
今お店で、必死になってShoeGooを買ってくれてるキッズ達も
今はご両親に買って頂いたシューズをShoeGooで
大切に保護して練習しまくって上達して
ShoeGoo使用量が減って...
いつの日かShoeGooを卒業出来る日まで
店長アラカワはキッズ達を応援しますね!!

またクソ長くなりましたが誰か読んでるんスかね?
毎回不安になりますが...(笑)

今日はこの辺で止めておきますね。

で、何の関係のなく今日のカットインYOUTUBEは
相当話題になってる上に消されまくってますががコレ



タイマーズの故ジェリーもきっと天国でコレ聴いて
るんでしょうね...。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

て事で携帯でここ読んでる人は既に↓ボタン押すのがダルなってるでしょうが
もう行っときますね。

キッズ達待望のコレ入荷してます。
ちなみに、"スピリットファイヤー"じゃなくて"スピットファイヤー"
なんで、キッズ達、これを機に英語も勉強しろよ~!!(笑)

110409_2.jpg



小柄なキッズの為に【Sサイズ】もありますんでお早目に~!!


全国ほぼどこの地域も送料490円代引き手数料も一律250円で
通販も可能ですんで、気軽にお店に電話下さいね~!!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

京都 スケートボード(スケボー)/サーフィンショップ

BOARD WALK SPORTS
KYOTO店(ボードウォークスポーツ キョウト)

〒602-0845
京都市上京区河原町今出川下ル西入ル大宮町339-1
Tel: 075-256-7300
Fax: 075-256-7301
Mail: bws@e-mail.jp (コピペして@を半角にして下さい)
店長(京都スケートボード協会(KSKA)副会長) 荒川HOMORO雄介(アラカワ ユウスケ)
BLOGブックマーク&リンク【コチラ】か[このブログを購読]でどうぞ。

地図

※無料サーフィンスクール スケボースクール
 どうぞお気軽にお問合せ下さいませ!!

※スケボースクールは京都市内なら
 貴方のスポットに僕本人がすぐに行きます(笑)







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boardwalks.blog46.fc2.com/tb.php/649-a9d2b670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

boardwalks

Author:boardwalks
BoardWalkSports BLOGへようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

KYOTO店 (284)

PLUS店 (315)

SURFING (128)

BWS-History (19)

OFF TIME (19)

etc (95)

お知らせ (237)

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる