2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めた!!??






決めた!!

オーダーしょっと(^^)







昨日、遅くにメーカーさんからメールが届きました

内容は以下の通り......










●TOKORO2012年 NEWMODEL

以下、ウェイドトコロから送られてきたモデル説明文です。

●TOKORO C-KRET

日本独占となっているC-KRETモデルは、ハイ・パフォーマンス・サーフィンの為の特徴と外見を備えています。
均整の取れたアウトラインと高めのロッカーを組み合わせる事によって
素早い未来的なサーフィンを可能にしています。
ボトム形状は、かすかなシングル・コンケーブがノーズから始まり
テールに向かって段々深くなっています。
テール部には深いダブル・コンケーブが入りリフトとマニューバー性を与えています。
スモールからミディアムクラスの波にお勧めします。

このモデルは、Xシリーズのマルチボードと通常のショートボードの中間的な位置にあるモデルで
世界的にも、昨今最も需要がある注目されているモデルです。


※推奨サイズは通常使っているショートボードから、1~2インチ短め、1/2インチ広め、厚さは同じで構いません。

C-KRETサーフボード画像はこちら↓
http://rockdance.co.jp/up-1/log/296.jpg

●TOKORO JX4 DIAMONDtail

日本独占となっているJX4モデルはファン・パフォーマンス・サーフィンの為の特徴と外見を備えています。
ノーズ・ボリュームのあるアウトラインと低めのロッカーを組み合わせる事によって
素早いテイク・オフと優れた推進力を与えています。
ボトム形状は、かすかなシングル・コンケーブがノーズから始まりフィン部にかけて段々深くなっています。
それによってリフトとスピードを得ています。もの凄く小さな波や力のない波にお勧めします。

推奨サイズは通常使っているショートボードから、3~4インチ短め、3/4インチ広め、厚さは同じで構いません。

JX4サーフボード画像はこちら↓
http://rockdance.co.jp/up-1/log/298.jpg

●TOKORO X1 TWINTURBO

昨年、ウェイドトコロが来日と同時に持ち込んだ
プロトタイプのX1 TWIN TURBOは、試乗会でも大変好評でした。
その自らと日本に皆様からのフェードバックを基に、昨年秋からオーダーを開始したX1 TWIN TURBOは
X1モデルをベースにボトムにボンザーボトムを入れたモデルです。
ボンザーボトムは、オリジナルのボンザーボトムに比べますと浅目となっています。
これは、オンショアやバンピーな波でも極力スピードロスが出ないように考えられた深さとなっています。
ターボの名前の通りどのような状況下でも
踏み込んだ瞬間からハイスピードでクリティカルポジションを抜けていけるよう考えられたデザインとなっています。
X1に、このTWIN TURBOを装着することをお勧めします。

※ TWIN TURBO 別途オープションチャージ掛かります。

X1 TWINTURBOサーフボード画像はこちら↓
http://rockdance.co.jp/up-1/log/301.jpg

●TOKORO JX2 HAWKtail

X1と比べて、X2はノーズもテールもロッカーが低く、それによってフラットな状況で
より速いスピードと推進性を与えています。
ロッカーが低い代わりにテールにVEEが入り、それによってレールの曲線を加えています。
ボードで最も幅のある場所は前寄りになり、テールも若干広めです。
この新しいテールデザインは”ホークテール”(HAWK TAIL )といいマニューバー性を維持します。

推奨サイズは通常使っているショートボードから、3~4インチ短め、3/4インチ広め、厚さは同じか1ポイント上げる感じをお勧めします。

JX2サーフボード画像はこちら↓
http://rockdance.co.jp/up-1/log/297.jpg

●TOKORO NEW`K6´

K6はまるで、とてつもないロケットの様なモデルです。

数年前から存在するこのモデルを昨年マイナーチェンジし
世界各国のトップライダーがライディングしてもらい、フェードバックを基に
新たに生まれ変わったモデルとなっています。

昨年シーズン中盤から、最も人気のあったモデルがこのK6です。

数年前から今でもベストセラーモデルとなっているB3モデルに、似ている点が多いいですが
B3よりも全体的なアウトラインが広く、(特にノーズ&テール)シングルコンケーブは深くなっています。

このK6モデルは、深いシングルコンケーブからごく浅いダブルコンケーブ
低めのノーズエントリーロッカーからかなり強めのテールキックとなっています。

K6は小波のビーチブレイクやリーフブレイクに完璧に対応します。とてつもなく速く・とてもなくルースです。
信じられないかもしれませんが、事実なのがこのK6です。

K6サーフボード画像はこちら↓
http://rockdance.co.jp/up-1/log/299.jpg
















5'11のK6やっ!!!!!!

















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boardwalks.blog46.fc2.com/tb.php/960-0b50df6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

boardwalks

Author:boardwalks
BoardWalkSports BLOGへようこそ!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

KYOTO店 (283)

PLUS店 (315)

SURFING (128)

BWS-History (19)

OFF TIME (19)

etc (95)

お知らせ (237)

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。